れきし学科

2015年6月開講

初年度は学科生のやってみたいことをみんなで発表し合い、その後「れきピク」と称し、交野の里山、まちを歩き、れきしを学ぶピクニックを楽しみました。また、夏には市民教授・若林邦彦教授(同志社大学)に縄文土器などの話を聞きながらミニ土器作りに挑戦。(現在リニューアル中!)